有料購読サービス終了のお知らせ

BOSS ONLINE

第377回 経営塾フォーラム 10月例会のご案内

日 時

平成30年10月25日(木)
11:30 〜 ビュッフェ開始。ごゆっくりと昼食をお取り下さい。
12:20 〜 講演開始。
13:30 閉会。コーヒーとケーキを用意しております。

場 所

ホテルオークラ東京 別館2階「オーチャードルーム」
(東京都港区虎ノ門2-10-4/TEL.03-3582-0111)

お問い合わせ

経営塾フォーラム事務局
〒107-0052
東京都港区赤坂4-1-4 赤坂丸ビル 1階
電話でのお問い合わせ 03-5545-5948
Eメール forum@keieijuku.co.jp
担当:平川・大竹

テーマ:「人工知能は人間の仕事を奪うのか?――AIビジネスの現在と世界の潮流」(仮題)

講師:石角 友愛 氏(パロアルトインサイトCEO兼AIビジネスデザイナー)

クルマの自動運転やビッグデータの解析など、ビジネスの現場で人工知能(AI)の存在がクローズアップされるようになってきました。シリコンバレーでは多くの起業家がAIの覇権を目指し、鎬を削っています。一方で、世界中のビジネスの現場ではAIの技術者が不足しており、米国、中国企業を中心に人材獲得競争が熾烈を極めています。

日本は、と言えば、大手企業はオープンイノベーションなどを活用して人材を募っているものの、企業自体がAI活用に後手を踏んでいるため、AIの技術者への待遇が他国の企業にくらべ低く、AIについては遅れていると言わざるを得ません。経済産業省によると、IT(情報技術)人材の平均年収は米国の約1200万円に対し日本は約600万円と開きは大きくなっています。

そこで次回例会では、米シリコンバレーでAI関連サービスを手がけるパロアルトインサイトCEOの石角友愛さんを講師にお迎えします。石角さんは米Google本社で数々のAIプロジェクトを手掛け、自らもシリコンバレーでAI関連企業を数社起業しています。AIは将来的に大手、中小企業を問わずあらゆる業種に活用され、人間の仕事を奪うとまで言われていますが、現在の世界のビジネスシーンにおけるAIの活用法はどこまで進んでいるのか、また日本企業はどう対処しているのか、AIビジネスの現在と世界的な方向性について、経営の観点からも語っていただきます。

【講師の横顔】いしずみ・ともえ
2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのGoogle本社で多数のAIプロジェクトをリードし、AIを活用した職業マッチングサイトを起業。2016年に同社を売却し、流通系AIベンチャーを経て2017年パロアルトインサイトを起業。在米の200人以上のデータサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対してAI戦略提案からAI実装まで一貫した支援を提供する。

「経営塾フォーラム」とは

経営塾フォーラムは、経済界、産業界、政界へ影響力を発信し続け1986年に設立された28年の歴史を持つ勉強会です。

各界から招聘される講師陣は、産業界のみならず、スポーツ、芸術、文壇、マスコミなど当世一流の方々をお招きしております。また、会の活動は、フォーラムだけではなくチャリティ活動、趣味を共有する、分科会など活発に行われております。これらの有意義な活動によって、人脈が広がり、それによってビジネス創造の機会を提供して参りました。成長途中のベンチャー企業から中堅企業、大企業の経営者、幹部の社員の方々が一同に会し、公私に渡り親しくコミュニケートする場は、異業種交流の場でもあり、多くのビジネスチャンスにつながる場であると確信しております。この強力なビジネス勉強会に是非、貴公、貴社もご参加下さい。

※当フォーラムは会員制です。入会等のお問い合わせはこちら
forum@keieijuku.co.jp

「経営塾フォーラム」について

月例会「経営塾フォーラム」は毎月一回、都内のホテルを会場にして開かれています。会の進行は午前11時30分から立食パーティ形式での食事会があり、その後、正味1時間の講演、質疑応答を経て、午後1時30分に閉会となります。また、下記の分科会も随時開催しております。

「経営塾フォーラム」理事の顔ぶれ

理事長 野田一夫(多摩大学名誉学長)
理 事 椎名武雄(日本アイ・ビー・エム元会長)
理 事 井上智治(井上ビジネスコンサルタンツ代表)
理 事 針木陽介(針木事務所代表)
理 事 中原秀樹(経営塾会長)

分科会について

美味求真(グルメ)の会、不思議発見の会、稲葉杯・経営塾チャリティゴルフ会、針木杯ゴルフ会、この人の話を聞く会、レディースミーティング