BOSS ONLINE

2014年10月号

トヨタの恐れる マツダのエンジン革命

背水の陣で開発したスカイアクティブエンジン

新型デミオの前評判

トヨタ自動車は4月10日、世界最高レベルの燃焼効率を実現したガソリンエンジンを開発したと発表した。

エンジンシリンダー内に送りこまれたガソリンに着火し爆発させる、そのエネルギーによって車輪を動かすのが自動車の基本的な仕組みだが、爆発エネルギーのすべてを運動エネルギーに変換することは不可能だ。前者から後者への転換効率が燃焼効率ということになる。トヨタ車の場合、これまでは最高燃焼効率35%程度だったが、新型エンジンでは38%にまで高めることができるという。わずか3ポイントと思うかもしれないが、燃費にすると15%程度の違いとなるというからバカにできない。

トヨタでは、このエンジンを、4月にマイナーチェンジした「ヴィッツ」に搭載したほか、来年度までに15種類ほど、同じ設計思想に基づいたエンジンを開発するという。

評価の高い、まもなく発売される新型「デミオ」のディーゼル。

これまでトヨタは、高効率=燃費のいいクルマづくりはハイブリッド(HV)エンジンで追求してきた。小型車の「アクア」ではカタログ数値ながらリッター37㌔を実現。世界一の低燃費を実現している。すでにトヨタが国内で販売するクルマのうち、過半数がHV車であり、今後もこの比率は高まっていくはずだ。

にもかかわらず、ここにきて燃焼効率のいい新型エンジンを開発したのには理由がある。あるモータージャーナリストがこう語る。

「トヨタだけでなく、ほとんどの自動車メーカーが、レシプロエンジン(=ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン等)の開発は、ある程度行き着くところまで行ってしまったと考えていたんです。そこで環境問題には、HVや電気自動車(EV)など、エンジン以外の部分で対応しようとシフトしてきました。ところがマツダが、スカイアクティブという、高効率のエンジンの開発に成功した。これによってエンジンそのものもまだまだ改良・進化の余地があることが明らかになったのです。トヨタが新型エンジンを開発したのは、マツダに刺激を受けたからにほかなりません」

トヨタは全世界で年間1000万台以上のクルマを販売する世界最大の自動車メーカーだ。片やマツダは、年間販売台数123万5000台(2013年度)と、トヨタの8分の1に過ぎない「弱小」メーカーだ。そのマツダをトヨタが意識しているというのである。

マツダは07年に「サスティナブルZoom‐Zoom宣言」を発表した。02年から使っているマツダのブランドメッセージ「Zoom︲Zoom」は、クルマに乗る楽しさ「ワクワクさ」を表現したものだが、これをサスティナブルに実現していこうというものだ。

2014年10月号 目次

特集ーマツダの底力
トヨタの恐れる マツダのエンジン革命
スカイアクティブを生んだ マツダの「モノ造り革新」
持たないがゆえの工夫 マツダ技術陣が追求した効率性
企業価値が高騰 マツダ争奪戦が始まった
ヨーロッパで高評価を受ける理由
市民球団広島東洋カープと マツダ創業家一族の関係
第2特集−今再びのディスコブーム
バブル世代は消費の牽引役
ディスコブームの変遷とリアル80'sの素性
バブルにするか、しないかは これからの6年間で決まる
風営法改正
アベノミクスの バブル変容への条件
レポート
Tモバイル買収断念! ソフトバンク「米国進出の前途」
参入続々でヒートアップ 格安スマホ市場争奪戦
インタビュー
薬のクチコミで注目を集める医師専門のソーシャルサイト
連載企画
佐藤輝英の新ネットビジネス世界紀行
【この起業の匠】綾鷹」が追求した 急須でいれたお茶の味わい
売上高大幅アップの秘訣は 「社員をほめて育てること」
【KEY MAN&AXIS】連続赤字、社長入院の任天堂に妖怪ウォッチの神風
【KEY MAN&AXIS】なぜ一人負け?利益4割減のダイハツ
【KEY MAN&AXIS】元シャープの社長を副会長に迎えた日本電産・永守社長
【KEY MAN&AXIS】年金資金で株式市場活性化、次の一手は確定拠出年金
【我がビジネス戦記】「あなたの不満買い取ります」不満買取センター 森田晋平
【我がビジネス戦記】リノベる社長 山下智弘の空間"リノベーター"
【我がビジネス戦記】【新連載】染野屋社長・小野篤人の「こだわり豆富で世界を目指す」
【我がビジネス戦記】【新連載】サードウェーブ社長・尾崎健介の「100年ビジョンのIT企業をめざして」
【我がビジネス戦記】 レピカ社長・岩井陽介の「リメンバー・マイ・ショップ」