BOSS ONLINE

2014年10月号

スカイアクティブを生んだ マツダの「モノ造り革新」

リーマンショック前から始まった復活への動き

円高でも利益の出る技術

マツダの業績改善が急ピッチで進んでいる。2014年3月期の連結営業利益は08年3月期以来6期ぶりの最高となったが、今期も更新が確実で、今のところ2100億円(前期比15%増)と初の2000億円突破を予想している。走りと環境性能を追求する「スカイアクティブ」と呼ぶ独自技術群、さらに商品の企画段階から生産に至るまでコスト改善を図る「モノ造り革新」の表裏一体となった推進が競争力を高め、業績の快走を支えている。

マツダは現在、16年3月期を最終年度とする「構造改革プラン」を推進している。リーマンショックやその後の急激な円高などによる業績悪化の最中にあった12年2月に策定したものだ。最終年度には営業利益で2300億円、売上高営業利益率は7%以上という数値目標を掲げているが、今期にも1年前倒しで達成の勢いとなっている。

エンジンや変速機などにスカイアクティブ技術を全面採用した初のモデルとして12年に投入したのがSUV(多目的スポーツ車)の「CX︲5」。以来、「アテンザ」「アクセラ」と主力モデルに展開し、この秋にはコンパクトカーの次期「デミオ」にも全面導入される予定だ。

デミオは、新たにスカイアクティブ技術による排気量1・5㍑の小型ディーゼルエンジンも搭載することになっており、その燃費や走行性能が発売前からクルマ好きの関心を集めている。一連のスカイアクティブモデルは、内外でしっかりした販売実績をあげると同時に、同社の収益力改善に着実に寄与している。

前期の最高益更新は、円高の是正効果がもたらしたのは否めないが、スカイアクティブの商品群で本格展開されているモノ造り革新でのコスト改善の後押しも大きい。

「1㌦=77円、1ユーロ=100円でも利益が出るクルマに仕上げた」。12年2月にスカイアクティブ全面採用の第1弾である「CX︲5」を発表した際、当時の山内孝社長(現相談役)は、この新モデルの性能面の魅力とともに、「円高抵抗力」を強く訴えた。発表当時の為替レートは1㌦=78円台という超円高だったが、そのレベルで日本から輸出しても利益をもたらすというアピールだった。

マツダのモノ造り革新は06年に着手したもので、クルマの企画・開発から生産に至るまで全社一体的に取り組むという、まさにモノ造りでの革新的なプロセス構築である。同年には、やがてスカイアクティブへと発展していくエンジン開発の再強化方針も打ち出されており、2つのテーマの一体的なムーブメントが始動した。

当時の自動車産業を振り返ると、従来のプラットフォーム(車台)を基本とした開発効率化やコスト改善から、部品群を一定のかたまりとして捉える「モジュール化」などの改革策へと転じる動きが台頭していた。

2014年10月号 目次

特集ーマツダの底力
トヨタの恐れる マツダのエンジン革命
スカイアクティブを生んだ マツダの「モノ造り革新」
持たないがゆえの工夫 マツダ技術陣が追求した効率性
企業価値が高騰 マツダ争奪戦が始まった
ヨーロッパで高評価を受ける理由
市民球団広島東洋カープと マツダ創業家一族の関係
第2特集−今再びのディスコブーム
バブル世代は消費の牽引役
ディスコブームの変遷とリアル80'sの素性
バブルにするか、しないかは これからの6年間で決まる
風営法改正
アベノミクスの バブル変容への条件
レポート
Tモバイル買収断念! ソフトバンク「米国進出の前途」
参入続々でヒートアップ 格安スマホ市場争奪戦
インタビュー
薬のクチコミで注目を集める医師専門のソーシャルサイト
連載企画
佐藤輝英の新ネットビジネス世界紀行
【この起業の匠】綾鷹」が追求した 急須でいれたお茶の味わい
売上高大幅アップの秘訣は 「社員をほめて育てること」
【KEY MAN&AXIS】連続赤字、社長入院の任天堂に妖怪ウォッチの神風
【KEY MAN&AXIS】なぜ一人負け?利益4割減のダイハツ
【KEY MAN&AXIS】元シャープの社長を副会長に迎えた日本電産・永守社長
【KEY MAN&AXIS】年金資金で株式市場活性化、次の一手は確定拠出年金
【我がビジネス戦記】「あなたの不満買い取ります」不満買取センター 森田晋平
【我がビジネス戦記】リノベる社長 山下智弘の空間"リノベーター"
【我がビジネス戦記】【新連載】染野屋社長・小野篤人の「こだわり豆富で世界を目指す」
【我がビジネス戦記】【新連載】サードウェーブ社長・尾崎健介の「100年ビジョンのIT企業をめざして」
【我がビジネス戦記】 レピカ社長・岩井陽介の「リメンバー・マイ・ショップ」