BOSS ONLINE

2014年10月号

持たないがゆえの工夫 マツダ技術陣が追求した効率性

ロータリーエンジンからスカイアクティブへ

新たな“金脈”

「ロータリーのマツダ」――かつてマツダを象徴する言葉といえば、何はともあれロータリーエンジンであった。

ロータリーエンジンとは、自動車用エンジンとして広く使われているピストン方式のレシプロエンジンとは大きく異なり、おむすび型のローターがエンジン内部をクルクルと回ることによってパワーを出すという特殊な方式のエンジンである。

発明したのはドイツのF・ヴァンケル博士だったが、性能や耐久性を市販可能なレベルに引き上げることに成功したのは他ならぬマツダ。1967年、マツダの普通乗用車第1号として世に送り出した「コスモスポーツ」に採用され、その後も「RX︲7」などのスポーツモデルを中心に搭載され続けた。

90年代にマツダが経営危機に陥り、事実上米フォードの傘下に入った際、フォードから派遣されてきたヘンリー・ウォレス社長はロータリーを廃止しようと考えたが、社内外から「マツダにとってロータリーは、いわば武士の刀だ」という声が上がり、一転して継続を決めた。マツダの技術陣にとって、ロータリーは精神的支柱と言うべき存在だったのだ。

そのマツダが今、新たな“金脈”を見つけつつある。それはクルマの燃費向上を果たすソリューション技術として日本でも注目度が高まっているディーゼルエンジンである。

今年6月、秋に発表を予定しているコンパクトモデル「デミオ」のプロトタイプモデル(生産試作車)の試乗会を伊豆サイクルスポーツセンターで行った。会場で公開された量産予定モデルには2種類のエンジンが搭載されていたという。1つは排気量1・3㍑のガソリンエンジン、もう1つは排気量1・5㍑のターボディーゼルである。

試乗会に参加した自動車ジャーナリストのなかには、

「新しい1・5㍑ターボディーゼルの出来は素晴らしかった。マツダは先行して、より排気量の大きな2・2㍑ターボディーゼルを市販車に載せ、国内のディーゼル車のシェアではダントツの地位を築いたが、1・5㍑版はその2・2㍑版と比べても、一歩も引けを取るものではなかった」

2014年10月号 目次

特集ーマツダの底力
トヨタの恐れる マツダのエンジン革命
スカイアクティブを生んだ マツダの「モノ造り革新」
持たないがゆえの工夫 マツダ技術陣が追求した効率性
企業価値が高騰 マツダ争奪戦が始まった
ヨーロッパで高評価を受ける理由
市民球団広島東洋カープと マツダ創業家一族の関係
第2特集−今再びのディスコブーム
バブル世代は消費の牽引役
ディスコブームの変遷とリアル80'sの素性
バブルにするか、しないかは これからの6年間で決まる
風営法改正
アベノミクスの バブル変容への条件
レポート
Tモバイル買収断念! ソフトバンク「米国進出の前途」
参入続々でヒートアップ 格安スマホ市場争奪戦
インタビュー
薬のクチコミで注目を集める医師専門のソーシャルサイト
連載企画
佐藤輝英の新ネットビジネス世界紀行
【この起業の匠】綾鷹」が追求した 急須でいれたお茶の味わい
売上高大幅アップの秘訣は 「社員をほめて育てること」
【KEY MAN&AXIS】連続赤字、社長入院の任天堂に妖怪ウォッチの神風
【KEY MAN&AXIS】なぜ一人負け?利益4割減のダイハツ
【KEY MAN&AXIS】元シャープの社長を副会長に迎えた日本電産・永守社長
【KEY MAN&AXIS】年金資金で株式市場活性化、次の一手は確定拠出年金
【我がビジネス戦記】「あなたの不満買い取ります」不満買取センター 森田晋平
【我がビジネス戦記】リノベる社長 山下智弘の空間"リノベーター"
【我がビジネス戦記】【新連載】染野屋社長・小野篤人の「こだわり豆富で世界を目指す」
【我がビジネス戦記】【新連載】サードウェーブ社長・尾崎健介の「100年ビジョンのIT企業をめざして」
【我がビジネス戦記】 レピカ社長・岩井陽介の「リメンバー・マイ・ショップ」