BOSS ONLINE

2014年10月号

ヨーロッパで高評価を受ける理由

宇井弘明・講談社ビーシー取締役編集局長に聞く

前頁まで主に経営面からマツダを解剖してみたが、では、クルマに精通したプロフェッショナルはマツダ車をどう見ているのか。自動車雑誌の「ベストカー」などを発行する講談社ビーシーの取締役編集局長、宇井弘明氏に聞いた。

転換点になった「CⅩ︲5」

―― かつては、マツダ車というといまいちパッとしないけど、欧州、特にドイツにおける日本車の中で秀でた評価を受けているという印象でしたが、それはいまも変わりませんか。

宇井 海外でのマツダ車の評価はたぶん、ドイツが一番高くて、米国でもだいぶ高くなりました。先般もドイツに行ってきたのですが、総じて言うと最近、欧州では日本車の地位が下がってきている感じがするんですね。

たとえば日産の「マイクラ」(日本名「マーチ」)、あるいはトヨタの「ヤリス」(日本名「ヴィッツ」)ですが、イタリアやフランスではこうした小さなコンパクトカーを見かける機会も増えるのでしょうけど、ドイツでよく見かけるのは現地名で言えば「マツダ3」、要は「アクセラ」や「アテンザ」クラスのクルマで、ほかの日本車は割と姿を消している感じです。

―― どのあたりがほかの日本車に比べて評価されているのでしょう。

宇井 まず、デザインが日本車としては非常に欧州志向が強いですね。ただ、米国でも評価が高くなってきて、アテンザは最近、米国でデザイン系のアワードも取りました。BMWやアウディなどのクルマに交じってマツダ車が評価されてきたということは、インテリアなどの品質感なども評価されてきているわけです。

―― ドイツ車の売りの1つは、クルマの堅牢さ、剛性感にあると思いますが、かつてのマツダ車は、デザインや燃費面は凡庸ながら、剛性感に関しては、日本車の中で抜け出ていた時期があった気がします。

宇井 石油ショックやフォードからの支援を経て、1980年代以降、マツダのクルマ作りって大きく変わったんですね。特にFF(前輪駆動車)の「ファミリア」を出して以降は、性能、特にサスペンション性能をドイツ車並みに引き上げることに注力したと思います。

その後、バブル崩壊で5チャネルの販売体制で失敗し、クルマ全体の品質感も少し下がった時期がありましたが、そこを反省して、もう一度盛り返しましたね。マツダの技術陣は人一倍真面目ですから。そして、2012年に「CⅩ︲5」というクリーンディーゼルエンジンを搭載したSUⅤを出して(同車は日本カー・オブ・ザ・イヤーも獲得)から、一段と変わったと思います。

2014年10月号 目次

特集ーマツダの底力
トヨタの恐れる マツダのエンジン革命
スカイアクティブを生んだ マツダの「モノ造り革新」
持たないがゆえの工夫 マツダ技術陣が追求した効率性
企業価値が高騰 マツダ争奪戦が始まった
ヨーロッパで高評価を受ける理由
市民球団広島東洋カープと マツダ創業家一族の関係
第2特集−今再びのディスコブーム
バブル世代は消費の牽引役
ディスコブームの変遷とリアル80'sの素性
バブルにするか、しないかは これからの6年間で決まる
風営法改正
アベノミクスの バブル変容への条件
レポート
Tモバイル買収断念! ソフトバンク「米国進出の前途」
参入続々でヒートアップ 格安スマホ市場争奪戦
インタビュー
薬のクチコミで注目を集める医師専門のソーシャルサイト
連載企画
佐藤輝英の新ネットビジネス世界紀行
【この起業の匠】綾鷹」が追求した 急須でいれたお茶の味わい
売上高大幅アップの秘訣は 「社員をほめて育てること」
【KEY MAN&AXIS】連続赤字、社長入院の任天堂に妖怪ウォッチの神風
【KEY MAN&AXIS】なぜ一人負け?利益4割減のダイハツ
【KEY MAN&AXIS】元シャープの社長を副会長に迎えた日本電産・永守社長
【KEY MAN&AXIS】年金資金で株式市場活性化、次の一手は確定拠出年金
【我がビジネス戦記】「あなたの不満買い取ります」不満買取センター 森田晋平
【我がビジネス戦記】リノベる社長 山下智弘の空間"リノベーター"
【我がビジネス戦記】【新連載】染野屋社長・小野篤人の「こだわり豆富で世界を目指す」
【我がビジネス戦記】【新連載】サードウェーブ社長・尾崎健介の「100年ビジョンのIT企業をめざして」
【我がビジネス戦記】 レピカ社長・岩井陽介の「リメンバー・マイ・ショップ」