BOSS ONLINE

2014年10月号

市民球団広島東洋カープと マツダ創業家一族の関係

「カープ女子」で人気沸騰

昨年、初のクライマックスシリーズ進出を果たし、今年もシーズン序盤からリーグ優勝を争っている広島東洋カープ。最近では「カープ女子」と呼ばれる熱烈な若い女性ファンの台頭もあって、人気が急上昇している。今季は本拠地であるマツダスタジアムの観客数も増え、1991年以来、23年ぶりの優勝に向けて邁進中だ。

広島東洋カープの「東洋」は、マツダの旧社名である東洋工業を指す。「東洋」がチーム名に入ったのは68年からだった。

市民球団を謳って設立されたカープだったが、球団設立以来、慢性的な資金不足で負債が膨らみ続けてきた歴史がある。黎明期は東洋工業はじめ広島電鉄、中国新聞社など13社が出資していたものの、球団代表は各社たらいまわしで、他球団のような明確な親会社が存在しないことによる混乱も多かったという。

経営を安定させるため、63年から球団社長に就いていた、当時東洋工業社長の松田恒次氏が球団株を集約し、68年に東洋工業と松田家が株主として名を連ね、球団名に「東洋」の文字が入ることになった。

ただ、市民球団としての体裁は保つため、東洋工業自体が赤字補填等の資金提供を行うことはなく、球団経営に積極的に関与しないことになっていた。マツダは現在で34・2%の株を保有しているが、あくまで出資者であり、直接的に球団を支援するような動きはとっていない。

東洋工業がオイルショックで経営危機に陥った70年代、当時の松田耕平社長は、経営責任を取って非創業家の山崎芳樹氏にバトンを渡すと、79年には米フォードと資本提携を結び、東洋工業における松田家の発言力はみるみる低下していった。松田耕平氏はマツダ株を手放す代わりに球団の経営権を手元に残す形になった。

現・球団オーナーの松田元氏(耕平氏の息子)は、77年に東洋工業に入社しているが、82年には退社し、83年に球団取締役に就任。父・耕平氏の死去に伴い、2002年にオーナー職に就いている。次期オーナーの最右翼と見られているのが、現オーナー代行の松田一宏氏。球団の社外取締役に就いている松田弘氏(元氏の弟)の長男だ。一宏氏は慶應義塾大学卒業後、球団に就職し、マツダへの出向も経験している。まだ34歳と若く、球団オーナーとしての帝王学を学んでいるところだ。

すでにお気づきだと思うが、株式会社広島東洋カープは典型的な同族経営の企業になっている。

2014年10月号 目次

特集ーマツダの底力
トヨタの恐れる マツダのエンジン革命
スカイアクティブを生んだ マツダの「モノ造り革新」
持たないがゆえの工夫 マツダ技術陣が追求した効率性
企業価値が高騰 マツダ争奪戦が始まった
ヨーロッパで高評価を受ける理由
市民球団広島東洋カープと マツダ創業家一族の関係
第2特集−今再びのディスコブーム
バブル世代は消費の牽引役
ディスコブームの変遷とリアル80'sの素性
バブルにするか、しないかは これからの6年間で決まる
風営法改正
アベノミクスの バブル変容への条件
レポート
Tモバイル買収断念! ソフトバンク「米国進出の前途」
参入続々でヒートアップ 格安スマホ市場争奪戦
インタビュー
薬のクチコミで注目を集める医師専門のソーシャルサイト
連載企画
佐藤輝英の新ネットビジネス世界紀行
【この起業の匠】綾鷹」が追求した 急須でいれたお茶の味わい
売上高大幅アップの秘訣は 「社員をほめて育てること」
【KEY MAN&AXIS】連続赤字、社長入院の任天堂に妖怪ウォッチの神風
【KEY MAN&AXIS】なぜ一人負け?利益4割減のダイハツ
【KEY MAN&AXIS】元シャープの社長を副会長に迎えた日本電産・永守社長
【KEY MAN&AXIS】年金資金で株式市場活性化、次の一手は確定拠出年金
【我がビジネス戦記】「あなたの不満買い取ります」不満買取センター 森田晋平
【我がビジネス戦記】リノベる社長 山下智弘の空間"リノベーター"
【我がビジネス戦記】【新連載】染野屋社長・小野篤人の「こだわり豆富で世界を目指す」
【我がビジネス戦記】【新連載】サードウェーブ社長・尾崎健介の「100年ビジョンのIT企業をめざして」
【我がビジネス戦記】 レピカ社長・岩井陽介の「リメンバー・マイ・ショップ」