有料購読サービス終了のお知らせ

BOSS ONLINE

2017年05月号

立地の確保から設備 建築 内装 保守 まで~各分野のスペシャリストが集う商空間作りのプロ集団

ラックランド 証券コード:東証1部 9612

消費者に対し、常に目新しさや楽しさを提供できるかが売上を左右する小売店や飲食店などの商業施設。最近では、買い物や食事をする「時間」そのものも楽しめるよう趣向を凝らす店舗も増え、高度な空間プロデュース力が求められるようになった。

このような商業施設側のニーズに対応し、設備や建築、内装、厨房、冷凍設備など、グループ内のスペシャリストを総動員して的確に応えるのがラックランドだ。店舗や商業施設のリニューアルを中心とする企画制作が長年の主力事業。現在では、ホテル、医療施設、アミューズメントなど、幅広い集客施設の企画制作で実績を上げる。

一方、食品工場や物流会社の倉庫の企画制作、そして施設のメンテナンスなどの領域も成長中だ。様々な施設でそれぞれに求められる魅力あふれる「空間」のプロデュースや、そのメンテナンスを通じ、顧客企業の売上アップや業務の最適化に貢献する。

被災地復興への思いを胸に、設計、施工など各部門の精鋭が短工期の工事に挑んだ「浄土ヶ浜パークホテル」(岩手県宮古市)リニューアル。

専門集団にお任せ

ラックランドの強みは、施設を建設する計画の段階から完成後のメンテナンスまで、グループ内で全てを担える点だ。

例えば、新たに建物を建設し飲食店を開く場合。ラックランドでは、商圏調査に始まり、建設地の確保、建物の建設、内装工事、厨房機器の設置、電気や空調の工事、その後のメンテナンスまでを担える体制がある。内装工事だけ、電気工事のみといった各パートや、それらを組み合わせた依頼も可能だ。多くの場合、施主(=顧客)がそれぞれの工事を専門の別々な業者に発注する必要がある。仮に複数の工事を手掛ける内装業者でも、設備工事・厨房機器に関しては専門業者の手配が必要になるケースが多く、打ち合わせなどの時間が必要だ。その点、グループ内で全て完結するラックランドは、細かな手間が省け、開店準備に忙しい顧客の強い味方になる。

「ラックランドは、大きな『モール』の中に、建設会社があり、設備会社、内装会社、厨房設備会社もある〝専門店〟の集まりです。この中には、建築士、デザイナー、厨房設計士などの職人も所属し、グループで内製化できる体制です。実際の作業を担う〝部隊〟を持つことで機動力が高くなり、お客さまにとっては工期や納期を乱さないというメリットがあります」(望月圭一郎・代表取締役社長)

顧客はあらかじめ開業日を決め、それに沿って広告を展開し、従業員を雇用する。そのため予定通りに工事が進まないと、大きな損害を被ることになりかねないのだ。

「施工してそれを引き渡して終わり、ではないのです。私たちは、お客さまがそこで商売をして、成功して頂くためのお手伝いをしていると考えています。そのため、お客さまの店舗運営上、マイナスとなるようなことを避ける目的もあり、自分たちで〝部隊〟を持っているのです」(望月社長)

小売や飲食以外の分野も強化

小売や飲食以外の施工実績も増加基調で、足元好調なのがホテルだ。2013年の耐震改修促進法改正により、規模の大きなホテルや旅館は耐震診断を行い、結果を自治体に報告することが義務付けられた。そのほか、訪日外国人への対応を背景に、宿泊施設のリニューアルや新設が活発だ。

「ホテルこそ、私たちの強みを最も生かせる分野です。耐震工事が可能ですし、水回り、空調、電気、厨房機器などの設置やリニューアル、また、情緒を醸し出す内装の施工など、お客さまのニーズに沿い高いレベルで完成させられる、国内でもオンリーワンの企業だと考えています」(望月社長)

空調などの機器に関しては、レンタルのサービスも展開。一般的には工事の予算額に上限がある中、より直接的に集客に結びつく部分に費用を割り振ってもらうためで、目下1000件以上の利用実績がある。

今後はさらに、通信販売の急拡大を背景として増設ニーズが高い物流会社の倉庫や、飲食店の人手不足を補うセントラルキッチンなどの施設建設・各種機器類の設置・メンテナンスなどの分野にも注力。店舗や飲食店のリニューアルと並ぶ売上の柱とし、安定した収益の獲得を目指す方針だ。

海外では、シンガポールなどASEAN域内6ヵ国に現地法人を設立し、事業を展開する。昨年7月には、経済産業省が推進する「クールジャパン政策」の一事業として、シンガポール伊勢丹オーチャード店にオープンした「JAPAN FOOD TOWN」の飲食テナント全16店のうち、天ぷら、焼肉、蕎麦など6店舗の施工を担当し、実績を残した。今後、ASEAN諸国など海外において、現地に進出する日系企業の商空間づくりを支えるほか、食品などの鮮度管理ニーズの高まりを見越し、冷蔵設備を持つ倉庫などの施工を強化する。

優れた企画力、設計力、技術力を通じて、ビジネスを支援し、顧客、消費者の「笑顔」づくりに貢献していく。

2017年05月号 目次

試し読み
まずは国内での成長が重要 飲料分野は海外にも軸足
50代ビジネスマン 危ない病気との向き合い方
上海の食文化に根づいて27年 ホテルオークラの和食堂「山里」
SNS炎上からテロリストまで テクノロジーで社会問題を解決
立地の確保から設備 建築 内装 保守 まで~各分野のスペシャリストが集う商空間作りのプロ集団
日本の匠をコンテンツ化 ユーチューブを活用し 企業の世界進出を支援
銀行のFinTech本格参入で 変わる決済シーン