有料購読サービス終了のお知らせ

BOSS ONLINE

2017年12月号

取扱量は世界最大級 初心者〜トレーダーまで 間口を拡大

ビットフライヤー

仮想通貨取引所の最大手と言えば、文句なしの存在なのがビットフライヤー。ビットコインでは国内だけでなく、世界でもナンバーワンの取扱量を誇る取引所だ。

全世界のビットコイン総取扱量のうち、25~30%をビットフライヤーが占めている。香港のビットフィネックス(約11%)、韓国のビッサム(約10%)を抑え、ダントツのトップだ。流動性は売買成立のスピードに直結するため、ユーザーにとっては利便性の高さを生み出すことになる。

「当社は圧倒的な流動性と、UI(ユーザー・インターフェース)・UX(ユーザー・エクスペリエンス)の良さというのを売りにしているので、取引のしやすさに気をつけて作りこんでいます」

こう語るのはビットフライヤー取締役CFOの金光碧氏。ビットフライヤーの取引所である「ビットフライヤーライトニング」は、いかに快適に取引ができるのか、にこだわりを見せている。

特に操作性については、「社長の加納(裕三氏)がゴールドマン・サックスでトレーダーをしていたことから、トレーダーが何を求めているのか、という視点から追求している」と語るとおり、個人のさまざまな取引の仕方に応じて、複雑な注文が可能。また、APIを利用して取引の自動化や、他のアプリとの連携をするユーザーが多いのも特徴だ。

「当社のユーザーさんはFX(証拠金取引)でレバレッジを効かせて取引をしたいという方が多いです。為替のFXから来られたという方が多く、UXの面からもPCから取引される方が多いですね」

しかし、ライトニングは必ずしもヘビーユーザー向けというわけでもなく、初心者でもなんとなく使い方がわかるシンプルさも兼ね備えている。いまどれくらいの価格で取引がされているのか、売り買いの注文も一目でわかるようなUIになっている。

「単純に仮想通貨を売り買いするだけの販売所もあります。こちらの販売方は当社になります。取引所は板情報等がありますが、販売所は欲しい量と買うボタンを押すだけのシンプルなものです」

ライトニングは情報量と操作性ゆえにPCユーザーが多いが、ビットフライヤーにとってはアプリの改善が1つの課題になっている。初心者は手軽にスマホで始めたいというニーズも高く、アプリの強化は新規ユーザー獲得にも直結するからだ。

9月29日に金融庁に登録され、記者会見を開いたビットフライヤー。左から加納裕三CEOと金光碧CFO。

ビットコインを使う

一方で、初心者向けの施策が充実しているのもビットフライヤーの特徴になっている。ビットコインを単なる投機商品で終わらせることなく、通貨としての存在感も高めようとしている。

「ビットコインを使ったエコシステムを充実させたいと思っています。『ビットコインをもらう』というサービスがありまして、これはアフィリエイトのようなものですが、当社を経由して楽天市場やZOZOタウンで買い物をすると、商品価格の0・6%相当のビットコインがもらえます。また、ビットコインでアマゾンギフト券を買ってアマゾンで買い物をするなど、ビットコインを使うという体験もできます」

取引所とは別だが、ビットコインを使って街で買い物をすることもできる。ビックカメラや丸井、エイチ・アイ・エスのビットコイン決済はビットフライヤーが決済システムを提供している。こうした仮想通貨周りの新しい動きを感じられるのも特徴と言えるかもしれない。

世界ナンバーワンの取扱量を誇るビットフライヤーとはいえ、ユーザーからの要望がないわけではない。ユーザーからの声に耳を傾けつつ、新たなサービス展開も模索する。その流れで10月からはモナコインの取り扱いも開始している。

「当社は取り扱い仮想通貨の種類が少ないという課題もあります。もちろん金融庁と話し合いながらですが、ここは段階的に増やしていこうと思っています。また、お客様の要望が多いのは、税金関係のレポートを出しやすくしてほしいといった声です。こうした周辺のところにも今後は取り組んでいきます」

テレビやネットでも見た人も多いと思うが、ビットフライヤーは積極的に広告展開を行っている。取引量の多いトレーダーの満足度を高めつつ、初心者の間口を広げたいという施策だ。

「年を追うごとに、仮想通貨の取引量(国内の月間取引高約5兆円)は急激に増えていますが、それでも為替FX(国内の月間取引高約300兆円)に比べれば、まだまだ伸びるのはこれからだと考えています。現在は非常に多くの方に支持をいただいていますが、今後はさらにお客様に入っていただきやすい取引所にしたいと思います」

2017年12月号 目次

試し読み
これからは「第3の創業期」 鍵は日本的な世界観の再提案
金融庁が登録事業者11社を発表 ビットコイン取引も活性化
取扱量は世界最大級 初心者〜トレーダーまで 間口を拡大
先生! ビットコインは大丈夫ですか?
IR CLIP ネットマーケティング
携帯ショップの業績改善を 成功させたノウハウを 活かし、ビジネス展開
仮想通貨において 重要な役割を果たす「取引所」
親族同士の〝争族〟にはさせない 感情に強みを持つコンサル集団